1979年から2004年まで刊行されていた、若い男性向け情報誌『Hot-Dog PRESS』が、10年ぶりに【デジタルマガジン】として復活したらしいです。ホットドッグ

創刊されたとき僕は18歳。まさにこの雑誌とともに青春を過ごしてきたといってもおかしくない存在です。いろいろ教えてもらいました。ということは我々みたいなオヤジがターゲット?「イケイケどんどんでは凌ぎきれず、といって枯れるには早すぎる。だからリアルな今の40代オヤジに向けて、頑張らなくてもいいんじゃないか?ムリしなくてもいいんじゃないか?」という提案から「40代オヤジの現実に向き合えるホンネマガジン」として再スタートとのことです。
デジタル配信は、月額400円でコンテンツが読み放題のNTTドコモの新サービス「dマガジン®」で始まってる(?)とか。何かと気になるニュースです。

そういえば昨日、首都圏の駅前で号外配ってたみたいだけど
もらい損ねました。残念!(キャプテンK)