先日のメディア報道でご存じの方も多いと思いますが、日本銀行熊本支店が『くまモン』が熊本県にもたらした経済効果は2年間で1,244億円と発表しました。
日銀がキャラクターに関しての経済効果を試算するのは“初めて”とのことです。
クマモン
「ゆるキャラグランプリ」で優勝した2011年11月から2013年10月までの期間を対象に試算。
内訳はグッズの生産で関連産業が活性化して所得の増加による消費拡大で1,232億円。さらに、イベントの来場者数などの熊本県への観光客が18万8千人増えて12億円。
このうち、メディアへの露出が増えた2013年1月~10月の経済効果は729億円で、NHK大河ドラマの経済効果の年間平均の205億円を大きく上回ってます♪
ちなみにNHK大河ドラマの最近の経済効果最高額は「龍馬伝」(2010年)が高知県にもたらした535億円だったとのことです。

そして我々にとって気になる“広告効果”は、『くまモン』が取り上げられた新聞記事の面積やテレビ番組の放映時間分が、広告を出した場合の相当金額に換算すると90億円との試算です。
地方発コミュニケーションとしての“ゆるキャラ”の成功事例として常に新しいことに挑戦し続ける『くまモン』。2014年はどんなサプライズを魅せてくれるのか?期待してます♪

そして本日「第64回NHK紅白歌合戦」に『くまモン』が出演します。
こちらも楽しみですね(*^。^*)
※『くまモン』充実のオフィシャルホームページはコチラ

皆様、今年も一年いろいろとお世話になりました。
来年が皆様にとって素敵な年になりますよう心からお祈り申し上げます。
良いお年をお迎えください!

(キャプテンK)