風に吹かれて 西、東
風に吹かれて 北、南
人生という名の航海は いいときもあれば悪いときもある
流されていこう  流されていきましょう
風に吹かれて

トピックNEWS

バーガーキングのブランディング

2016/6/13 08:00

先日、バーガーキングのブランディングについてのセミナーをお聞きする機会がありました。

実は、名前は知っているしお店も見たことあるのですが、行ったことはありませんでした。
しかし、お話を聞いてみると本当に面白いことを次々に仕掛けていて、
今度ぜひ行ってみたくなりました。

バーガーキングは日本進出が後発であるため、一番の課題は知名度の低さ。
2012年の段階ではシェア0.3%だったそうです。
しかし、知名度は低いものの熱狂的なヘビーユーザーが多かったようで、
その要因が「味の違い」にあると判断しました。

振り向いてもらい、一度でも食べてもらえれば「違い」を分かってもらえる。
そのような考えのもと、ありえないような“非常識”を次々に仕掛けていったそうです。

その代表が「黒」バーガー。
食欲はそそらないし、グロイ。
でも味は絶対に負けない。
そんな商品を開発し、それが話題になりました。

毎年、黒の新商品を発表し、どんどん話題になっていき、
今度はなんと「赤」バーガー・・・。

bk150703_1

徹底して攻めるブランディングが成功し、
売り上げは右肩上がりで推移しているそうです。

どんな味なのか、とにかく気になります。
今度、食べに行ってみます!

(N)

交通広告のいま

2016/6/6 08:00

都市圏では第5のマスメディアと言われている交通広告。
しかし、鉄道の車内ではみんなスマートフォンを見ていて、
「交通広告は届いているのか」という声をよく聞くようになりました。

DSC02824

そんな中、業界団体が中心となり、広告効果の調査を進めています。

その結果、交通広告の平均到達率は約42%、
そして広告を見た後の行動として10%近くが「スマホで検索」しているそうです。

スマートフォンによってむしろ効果があがっている側面もあるようです。

また、交通広告のコスト効率や到達率を示す基準値も整備されてきています。

交通広告も次のステージに進み、新たな価値が生まれています。

(N)

オランダで最も影響力のあるクリエイター

2016/5/30 08:44

少し前の話ですが、エリック・ケッセルス氏という世界的に有名なクリエイターが来日された際、レクチャーをお聞きすることができました。
「混乱」や「間違い」「失敗」こそがクリエイティブにとって大切だと公言するケッセルス氏の広告は、確かに圧倒的に飛びぬけていて、印象に残ります。

そんなケッセルス氏のレクチャーの中で、私が最も印象的だった言葉がこれです。

2016-05-30 8.41.53

訳すとこんな感じでしょうか。

“その広告を嫌いな人が一人もいなければ、その広告を好きな人も一人もいないだろう”

日本でも、一流といわれるクリエイターの中には同じようなことを言う人がいます。
「クレームも反響のうち」「クレームすら出ない広告は誰も見ていない」と言ったクリエイターもいます。

確かに、広告は基本的に見られないもの、という前提で考える必要があります。
しかし、実際に広告を出す際にはついつい忘れてしまうもの。

ケッセルス氏のつくる広告にはいつも賛否両論ありますが、
少なくとも多くの人が目にしているし、目指す効果のいくつかは達成できています。

広告をつくる人間として、
こうした考えを意識しておくことは大事なことなのだと思います。

(N)